夢のマイホームは自分流で!注文住宅で出来ることを学ぼう!

動線を考えて間取りを決めることが大事

こだわりのマイホームに住みたいなら、注文住宅がおすすめです。注文住宅の魅力は、間取りだけでなく、キッチンやお風呂等も自分好みにすることができることです。自由に色々なことが決めれる反面、注意しておかないことがあります。それは、家族の動線をしっかりと考えておくということです。家は、家族みんなが住む所なので、それぞれの動線に合った間取りにしておかないと、後々トラブルになるので大事なことです。例えば、トイレの間取り一つとっても、玄関から見えないような位置にしておかないと、来客の際に、家族がトイレに行きにくいといったトラブルになります。どの部屋を誰がよく使うのかしっかりと動線を考えて家を建てると、家族みんなが住みやすいと感じる家になるのでおすすめです。

収納空間はしっかり考えることが重要

こだわりの注文住宅、どうせなら収納についてもこだわっておくことをおすすめします。注文住宅では、家のデッドスペースと呼ばれている場所についても自由に収納空間に活用することができます。収納空間として最近人気があるのが、土間収納です。土間収納とは、玄関と直結した収納空間で、アウトドア用品や、キャンプ用品等を収納するのにとても便利な収納空間です。釣竿や自転車がすっぽり入るほどの広々とした収納空間があると子供が大きくなった時にも使えるので、できるだけ広めに間取りをとっておくことをおすすめします。また、土間収納は、掃除がしやすいように、床面に段差がないようにしておくことが大事です。そうすることで、玄関と同時に掃除ができ、綺麗な状態をいつまでも保つことができます。

住宅密集地に家を建てるなら狭小住宅があります。入り組んだ場所や限られた土地しかなくても、思い思いの家が建てられます。